【基礎】MCTオイルとはなにか。知っておきたい中鎖脂肪酸の基礎。

OIL

はじめに

ダイエットや美に関して興味ある方はよく耳にすると思います、【MCTオイル】。

油(オイル)に違いなんてあるの?サラダ油やオリーブオイルとかの一種かな、と思っていましたが、違いましたので簡単にまとめてみました。

OIL2

MCTオイルとは

MCTオイルとは、Medium Chain Triglyceride(ミディアム チェーン トリグリセリド)、中鎖脂肪酸100%で精製されたオイルの事です。

一般的な、オリーブオイルやバター、ラードなど油脂のほとんどは長鎖脂肪酸です。

脂肪酸は鎖状の構造をしています。

  • 中鎖脂肪酸は短い鎖
  • 長鎖脂肪酸は長い鎖

漢字のまんまですね。

良い理由

中鎖脂肪酸は長鎖脂肪酸に比べて、分子量が半分くらいで小さいです。

小さい事により、分解&消化が早いんです。

なので、体内で素早くエネルギー源になりますので、蓄積されづらい性質があります。

脂肪は貯めたくないですよね。

活躍の場

蓄積しづらいので、肥満対策(ダイエット)や健康業界で注目されているのは当然です。

素早くエネルギー源になる事から、医療現場やスポーツ関連で大変活躍しています。

食品

中鎖脂肪酸はココナッツオイルやパームオイル、乳に多く含まれています。

ココナッツオイルには約60%含まれています。

母乳や乳製品にも含まれているので、幼い頃から摂取していたんです。

使用方法

MCTオイルは発煙温度が低いので揚げ油、炒め油としては使用しないでください。

サラダに混ぜるなど、生で使用するのが一般的です。

注意したい点

吸収が早いのでお腹が緩くなる事がありますので、始めての方は少量から始めて試すのが良いと思います。

中鎖とはいえ、脂肪酸なので摂り過ぎは注意(他の栄養素も同じ)です。

MCTオイルは中鎖脂肪酸を集めて精製した、いわば自然界に存在しないオイルです。MCTオイルだけでは足りない成分はたくさんあります。

他の油脂類も摂取する事を忘れないでください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました