【実践】16時間断食!変化と感じたこととは?空腹こそ最強のクスリ。

時間と食べ物

『「空腹」こそ最強のクスリ』(青木厚著)、人気なのでご存知の方も大変多いと思います。

半日断食、16時間の空腹を実践していて私なりに感じた事や身体の変化をお伝えします。また、個人的にアレンジしていることをお伝えします。参考になれば幸いです。

必ず読んでください。

本にも記載されていますが、治療中の方や身体の状態によっては断食が適していない方がいるそうです。
必ずご確認、医師への相談等をしてください。

time1

はじめに

2021年1月後半〜実践しています。身体に大きな変化は特にないですが、数値は少し変化が観られるようになりました。また、感覚として、少し身軽さは感じるようになってます。

身体の変化以上に『ライフスタイル』を変えたことにより思わぬ利点がありました。

現在も続けてます。無理とか激しい我慢はせずに実践出来てます。

概要

  • 現在人は食事を摂り過ぎている、体内での消化の働きは気にせず『3食』しっかり食べてる。
  • 消化には時間がかかるのに、律儀に3食摂る事は体内の様々な器官を休ませていない状態。まるでブラック企業。
  • そこで空腹時間を確保する事により、オートファジー等の体内の働きにより様々な事が改善されると考えられる。
  • その空腹のオススメが16時間です。

上記の事を詳しく知りたい方は本を読んでください。ページ数200位で文字が小さい訳ではないですし、内容が納得できたので私は直ぐに読めました。

私は読んで興味を持ったので直ぐに実践開始しました。私なりに多少アレンジしています。

実践ライフスタイル

まず私は会社員(事務職)です。週5でオフィスに通勤してます。

朝はAM4:00頃に食べてます。お昼は職場でPM13:00頃に食べてます。夜は食べません(ナッツをつまむ程度です)。

休日は変わります。まず、AM4:00に軽食(サラダ、果物とか)。AM7:00位には家族が起きているので、皆と朝食を食べます(この時はご飯、味噌汁、おかずといったイメージしやすい食事です)。

お昼は食べませんが食卓には着いて、コーヒー片手に会話を楽しみます。

PM6:00時位に家族で夕食です。家族と同じものを食べてます。

夕食を摂った翌日は朝は無くし、お昼を食べます。そうする事により空腹時間を確保します。

補足として、糖質制限等の栄養制限や何gとか、量は特段気にせず過ごしてます。ただし、目安で腹9分目位で食事してます。

最初の頃、食べれる時にいっぱい食事していたら、身体が感覚的に重たく感じたり、仕事の速度などが遅くなったからです。

ちなみに家族は朝・昼・晩の3食べてます。

経過報告

スタート時のデータ(アラフォー)

  • 身長:172cm
  • 体重:   59kg
  • 体脂肪:16%

スタート~1ヶ月

体重、体脂肪に大きな変化は無しです。

外観も特段の変化無し(第3者の意見)

最初は新しい生活サイクルに慣れるのが大変でした。お腹は空腹でグルグルなるし、回りから「何で食べないの?」と聴かれ、その度に説明したり、ついつい無意識に朝・昼・晩食べようとしてたりと。

おやつは私の場合、必要以上に意識してないと食べそうになりましたね(^^)

何とか16時間断食を続けました。ただ、無理はしてません。意識付けとライフスタイル確立の準備期間でした。

お腹がグルグル鳴る事はありましたが、飢えている訳ではなかったです。お腹が少し空いてるとは思いましたが、身体は通常どおり動きますし、眠くなる、とかいった事はなかったです。

食事時間以外で何か食したい時は素焼きのナッツを食べてます。

1ヶ月~2ヶ月

体重に大きな変化はないですが、体脂肪が約2%減りました。疲れやすくなったりとか、集中できないとかのマイナス要素は無いです。

外観は少しスラッとしたそうです。胸筋付近の筋肉が少し減ったそうです。(第3者の意見)

自分でも少しスマートになったかなと思いました。今まで着ていた服が今までよりもスムーズに着たり脱いだり出来るようになったかなと思いました(ベルト穴が1つ細めになりました)。

生活サイクルにも慣れてきて、「今オートファジー状態かな」、と思うような余裕が出てきました。空腹状態を実感しながら楽しんでました。

ナッツは未だ、食しています。しかし、始めた頃は食事代わりにナッツを食べてましたが、今は口寂しさにつまむ程度になりました。一度、ナッツの在庫が無くなり、口寂しさに耐えられずに温野菜を食べました。まっ、無理なくやるのがいいと著者も書いてありますし、いいかな。

食事量も関係あると思いますが、最初の頃は食後にお腹がふくれてましたが、この頃はふくれる事は無くなりました。

気を付けたこと

まずは家族との食事(時間)は大事にしてます。一緒に食事したり、食卓につくようにしてます。

好きなものを食べる様にしてます。ご飯、甘いものもしっかり食べてます。ただ、食べ過ぎにはならないようにしてます。

食事の所要時間をある程度決めました。大人になって気ままに食事してましたからね。小学校の給食みたいです。私の場合、45分以内(他社との食事の場合)、20分以内(1人の場合)です。

時間帯よりも16時間確保を優先して考えています。毎日同じ生活サイクルではないですからね。用事ができたり、出掛けたりとか。柔軟に実践してます。

なるべく階段を使うようにし、普段使う駅を別の駅にし毎日の歩行時間を+40分しました。

メリット

  1. 身体が軽くなった【体感】。
  2. スマートになった【複数の方に言って頂きました】。
  3. 健康意識が高まった。
  4. 自分の時間が増えた。
  5. 食への興味が高まった。

個人的には『4.自分の時間が増えた。』が大変大きいと思います。今までは小さい頃からの習慣で何の疑いもせず、3回食事してました。それを2回、日によっては1回にする事により、自由時間が増えました。その時間で色々でき、有益です。

デメリット

  1. 食べ過ぎ。【初期の頃(慣れるまで)、今は無いです。】
  2. 食事時間の意識。食事(空腹)時間の管理。【初期の頃(慣れるまで)。】
  3. 筋肉が減った。

オリジナル取組

スケジュール管理の為にホワイトボードを活用してます。朝・昼・晩でいつ食事するのか印を付けるようにしました。見える可する事により、頭で考える煩わしさが無くなりました。

コーヒー(ブラック)を煎れることでゆとりをもってます。以前よりコーヒーは好きでしたが、より飲む機会が増えたので、煎れる時間を含めたのしんでいます。個人的には空腹時に飲むコーヒーはより風味をたのしめます。

まとめ

現在、実践していて思うのは私には合っていると思います。ご興味ある方は週1からでも良いらしいので始めてみてはいかがでしょうか。
※人によっては合わない方もいますので注意してください。

オートファジー等、身体に関する影響は現在はわかりませんが、生活習慣としては私なりに理にかなってるかなと思います。

補足

今後はこの生活習慣に運動も上手く組み込んでいきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました