【集中できない!】そんなあなたは魚油が足りてないかも。魚油ってなに。そんなに必要なの。

青魚

パフォーマンス向上、生活習慣改善、体内環境改善……などから注目が高まってます、魚油。

なぜ、いいの?何がいいの?あぶら、ってヤダ!

いろいろあると思うので私なりに調べてまとめてみました。

魚

はじめに

魚油【fish oil】はオメガ3脂肪酸である、EPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)が含まれており、現代人の悩み、

  • 不規則な生活
  • パフォーマンスの低下
  • 集中できない

等に効果があると云われ、注目されています。

学ぶ事、考える事、これらは我々が生活していく中でとても大切な事ですよね。その力をサポートしてくれるのがオメガ3脂肪酸です。

青魚

イワシ、サバ、カツオ等の青魚に多く含まれています。

生成の過程は、海中生物の食物連鎖です。

  1. α-リノレン酸を豊富に含む植物プランクトンが水中にいます。
  2. 動物性プランクトンが植物プランクトンを食べ、体内でEPAとDHAが生成されます。
  3. 小魚が動物性プランクトンを食べます。体内にEPAとDHAが貯蓄されていきます。
  4. 中・大魚が小魚を食べ、更に貯蓄されていきます。

以上が魚油の生成過程をわかりやすく、簡潔にまとめたものです。

特徴

魚油は常温で液体です。

料理で考えるとわかりやすいんですが、牛・豚・鳥料理は冷めると脂が固まってますよね。

魚料理は冷めても油は固まってませんね。

『あぶら』の漢字の違いは融点の違いです。【油】は融点が低いんです。

常温で液体の油を【不飽和脂肪酸】といいます。

必須脂肪酸

魚油は不飽和脂肪酸の中でも、先に述べた【オメガ3脂肪酸】が含まれています。

この【オメガ3脂肪酸】というのが、体内では生成できないので、外部から摂取しなければいけない必須脂肪酸です。

酸化

不飽和脂肪酸は酸化しやすいので動脈硬化を促進する可能性が高いと云われているので、注意が必要です。

釣り

最後に

現在は環境面や生態系の変化等により、漁獲量が減っていると云われ、今後はより減ると云われています。
でも、必須だから、摂らないと……。

併せて、不飽和脂肪酸の酸化に関する事からも、精製されたオメガ3脂肪酸が注目されており、近年ではサプリから摂取する事が多くなっています。種類も豊富ですからね。

     

コメント

タイトルとURLをコピーしました